MENU
main_knowledge_in

02. ダイビングをするのにライセンスは必要?

ダイバーになるためのレッスンを受けると「Cカード」と呼ばれる認定証が発行されます。

誰もが一度は憧れるスキューバダイビングを楽しむには、ダイバーになること、つまりトレーニングを受けることが必要です。
そして、そのトレーニングをしたことを証明するものがCカードです。このカードのことを『ダイビングのライセンス』と呼ぶ人が多いです。
Cカードとは、スキューバダイビングに関して「定められた知識と技術をある特定の時期に特定の場所で習った」ということを証明する認定証のことです。
しかし、ライセンスにはいろんな習い事の級や段のようにランクがあり、レベルが上がるほどにダイビングを楽しめる範囲が広がり、あなたのダイビングライフがよりよいものとなります。
まずは、初級ライセンス取得コースから始めて、自分のペースでレベルアップしていくことがオススメです。

Level1 スクーバダイバー

12mよりも浅く穏やかな海で潜るためのダイビング技術を身につけます。

Level2 オーシャンダイバー

18mまでの水深で潜るための技術と知識を学びます。

Level3 オーシャンダイバープラス

20mまでの水深で潜るための技術と知識を学びます。

Level4 スポーツダイバー

18m以上の水深(最大30m)で潜るための技術と知識を学びます。
6つのダイビングシーンをテーマ別に覚えるコースです。制限が解除されていき、いよいよダイビングの遊びの幅が広がります。

Level5 エクセレントダイバー

レスキュー資格を取得して、50回以上のダイビングと規定のSDC認定を受けているダイバーだけに与えられる称号です。

Level6 ダイブリーダー

インストラクターなしで好きなところに好きなだけ自由に潜れるダイバー。
この資格は趣味のレジャーダイバーとして最高峰の資格を持っている憧れの称号です。

ダイブディレクター

BSACが誇るダイブリーダー養成コースの第1段階です。

クラブインストラクター

インストラクターとして最低限取得したい資格です。

ISO(国際標準化機構)承認を受けているので安心

ダイビングスクールプライムでは、世界安全基準WRSTC基準を採択していて、世界で最も教育プログラムの内容が高く評価され、信頼を得ているダイビング指導団体BSAC(The British Sub-Aqua Club)のカリキュラムを導入して講習を行っています。
そのBSACのカリキュラムは、国際標準化機構によるISO承認を取得しています。
そのため、安心して受講していただけます。

© 2016 ダイビングスクール プライム なびこ